星を捕る人

 愛知県立芸術大学創立50周年企画「芸術は森から始まる」の中のコンサート企画「森羅」の、「Three Trees」というコンサートで、「星を捕る人」という作品を上演させて貰った。
 メンバーはお馴染みかしやましげみつさん(孤独部)(あたらしいまち)と、柳瀬さくらさん(あたらしいまち)。

 今までは誰かと何かを作るにしても、役割分担をしてやることが多かったが、今回は、作品の思い切りコアになる部分も、かしやまさんと話をしながら作っていったので、完全に共作という感じになった。
 もちろん、プログラミング的な部分と音楽的な部分は僕がやったし、文章はかしやまさんに書いて貰ったので、役割分担をしていなかったわけではない。
作品としては、

0.舞台の上に50個のろうそく的な光り方をするLEDを、10個の譜面台の上においておく。
1.最初太陽系の公転図から始まって、1年の公転の様子とそれに絡めたお話を聞いてもらう。
2.さくらさんが登場して、0~29までの短い文章を読み上げる。読み上げるたびに、LEDを1つ消す。LEDが消えると、頭上のスクリーンに星が上り、その星が定期的に音を鳴らす。
3.29まで読み終わったら、残りは数を数えながらLEDを順番に消していく。その時、星はキラキラしながら画面上を飛び回り、音楽は拍の全くない音楽になる。星が断続的に上がり続けるようになる。
4.50まで数え終わると、また公転図が表示されて、少し前半の続きのような話をする。
5.最後に、51番目のお話をして、星が音を鳴らしながら再び表示されて、おしまい。

という感じだった。
写真はこんな感じ。撮影は一部かしやまさん。

image4

image3

image2

image1

 まず最初に、星を捕る人というタイトルを考えた時には、僕の頭のなかでは「かしやまさんが舞台上にある何か光るものを集めながら、様々な人々の話をする」というぼんやりとしたシーンのイメージだけがあった。
 初めて会議をした時に、かしやまさんから地球暦というもののお話を伺い、太陽系の惑星の公転と、50周年を結びつけたお話にしようという流れになった。
 地球暦と灯りを消していく演出の両方を使おう、という話になったのは実は結構時間が経ってからで、それまではなんとかして星の運行と音と物語を全部制御出来るシステムやルールはないか?というのを必死に探していた。
 色々あって今の形に落ち着いたけれど、結構上手く行ったのでは…と思っている。
 舞台にも、かしやまさんではなくかしやまさんが紹介してくださった柳瀬さくらさんが登ってくれる事になった。

 ただ、複数人で何かを協力して作るときの僕の悪い癖で、コンセプトを重視しすぎて遊べるところで遊べなくなってしまう、というのがあって、今回のも、もっと星の色や音色でルールを増やして遊べる筈だったのになぁ…と後から思うばかり。思うばかりは簡単故。

さて、技術的な所で言えば、今回太陽系の運行と星が上がっていったりするソフトの制作に結構時間と労力を使った。
https://bitbucket.org/yugapanda/shinra_merged/
ソースはここにあるけれど、これだけでは音は鳴らないので、使えはしない。
(実際にはOSCでMAXに情報を送って、音はMAXで鳴らしてた。MAXはGit管理していない(今回は簡単だったのでする必要がなかった))
ビジュアルだけなら、全ファイルをProcessing3.x系に突っ込むとそれだけで動く。

先に星図のを作ってから、星を打ち上げる方を作ってマージしたのでファイル名がMergedになっている(適当すぎる)

 今回のは結構各classの粒度を丁度よい塩梅に切り分けられたかも…と思っているけれど、ちょっと依存度が高すぎたり、各パラメータの変更のためにソースをいじらないといけなかったり、デザパタ全く使ってなかったりで、まあ褒められた感じではあまりない。
 けど、使いまわしたりは多分しないし、いつもよりは変更も容易だったし、まあ少しは進歩しているかな…という感じ。

 最後に、直前まで演出やセリフが変わり続けたにも関わらず、本番で最高の演技をしてくれたさくらさんと(本当に、本番が最高だった。)、前日まで台本の変更をしてくれたかしやまさん、それから準備を手伝ってくれた後輩たちと、企画に誘ってくださった寺井教授に感謝。